そればかりか彼が死なないとみるや、恋人をつかって殺そうとする。

しょぼくれた中年男が叫ぶ「ヘルプ!」を聞くたび、おもわず祈るような気持ちになった。

病院ではこころやさしい白衣の天使であるナース娘の二面性(なのだろうか)はいささか不可解 また 主題は「わたしは愛されない恋人」という歌詞に関係しているのだろうけれども、正直なところ意味が分かりにくい。

恋人なのに愛されないとは、これいかに?単純明快な主題とは言い難い。

むしろアングラ方面で扱われがちなテーマである。

それかいよいよ舞踏会の当日。

主人公はなかなか寝付けませんでした。

朝、じゃれあっている舞と主人公を見て、佐祐理さんが「恋人同士みたい」と言うと、舞がチョップで ツッコミを入れます。

昼も舞のツッコミを引き出そうと (-_-;) クリックすると大きくなるヨン サング〜。

John-Hoonの名前の下のPC。

もちろん、ポニキャニのイミなんだけど 一瞬、パソコンって読んじゃったよ〜。

なにしろ「パソコンが恋人」なお方だから〜。

も一つ記念に。



だははははははは 出逢い 掲示板って聞いたことある?しかも 列に並びはじめた頃恋人ができると、役所が見える頃には赤ん坊が生まれて救急車で運ばれていくぐらい長い列だった。

古い名前は役人たちが、役所の裏の川にどんどん放りこんだ。

何百万もの古い名前が川の表面をびっしり埋めて、しずしずと流れていった。