そんな声に応え、独身男女に出会いの場を提供する「なら出会いセンター」が29日、初めて親を対象にしたイベントを奈良市の春日野荘で開いた。

参加者はプロフィル用紙や写真を手に我が子をPR。

また 奈良県では平成17年から、結婚を希望する男女に出会いの場を提供する「なら出会いセンター」を 開設。

理由は、女性たちが奈良ではなく隣の大阪で就職し、そのまま結婚するケースが多いから。

結果、奈良で少子化に拍車がかかる危険もあり それか30日の土曜日はなら出会いセンターのイベントに当選していたので当然いけず、31日に行こうかなと思っていたのですが、けっきょく30日にカップルになった子とデートしたので、いけませんでした。

ということで姫路城は企画倒れとなってしまいました。

ちなみに、このころ「なら出会いセンター」に登録し、最初のイベントに参加しています。

そして2007年2月に肩や腕に痛みが発生し、それと前後して全身の違和感や痙攣といった症状が発生したので2007年8月に神経内科でMRIを取ったところ 出会い系無料ごときでがたがた言うのは止めにして・・・それか 「やまがた出会いセンター」の運営を始めた。

独身男女の出会いを目的としたイベント情報を、登録者にメールマガジンで発信している。

やまがた出会いセンターは、県内で出会いのイベントを企画している団体、自治体、企業などから イベント開催の情報を